<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

くろまつの屋根

a0335890_17585985.jpg
くろまつ号は屋根の塗装も黒光りしていました。

[PR]
by cimedfax | 2018-06-30 12:52 | Comments(0)

雨の日あおまつ

a0335890_17094810.jpg
今日のような雨の日に映えるあおまつ号のショーケースの灯りです。あおまつ4号、大江

[PR]
by cimedfax | 2018-06-29 17:54 | Comments(0)

丹鉄の待合所#03 コウノトリの郷駅待合所

a0335890_12405852.jpg
コウノトリの郷駅の待合所は大きなモミの木の奥に建っています。

a0335890_12405728.jpg
木造トタン屋根の小さな待合所は片側の屋根が延びた構造になっています。

a0335890_12405622.jpg
かつては島式ホームの中にあった待合所の名残りとして今は使われていない線路側にも扉がついています。

a0335890_12405737.jpg
待合所の横にはザクロの木が植えられています。

a0335890_12405702.jpg
室内にはL字形のベンチが点対称の位置に設置されており待ち人の会話も弾みそう。

a0335890_12405718.jpg
待合室の主は冬に活躍する大きな雪掻きです。

a0335890_12405774.jpg
窓を全開にして列車を待っているとKTR701(夢列車)がやってきました。

a0335890_12405630.jpg
コウノトリの郷駅の待合所は緑に囲まれたプラットホームに建つ小さな待合所です。

[PR]
by cimedfax | 2018-06-28 15:15 | Comments(0)

80年代の記憶

a0335890_14183746.jpg
資料によるとMF200形車両は車内でカラオケが楽しめるようにも設計されていたらしい。バブル景気に浮かれてゴージャスさがもてはやされた時代、今でも天井の照明からそんな80年代後半の日本の残り香を感じ取ることができます。MF201車内。

[PR]
by cimedfax | 2018-06-27 15:17 | Comments(0)

カーブミラー

a0335890_15041592.jpg
あまり役に立っていそうにないカーブミラーに今日も緑色の電車が姿を映して通り過ぎていきました。公庄

[PR]
by cimedfax | 2018-06-26 16:55 | Comments(0)

タチアオイのある駅

a0335890_14193131.jpg
駅ホームにタチアオイが咲いていました。本当は列車前面で撮影したんですけど上手く撮れずにケツ撃ちです。久美浜駅

[PR]
by cimedfax | 2018-06-25 17:01 | Comments(0)

ビール列車

a0335890_11383929.jpg
6月23日(土)に西舞鶴⇔天橋立間でくろまつ車両を使ったビール列車が運行されました。ビール列車復路、丹後由良駅

a0335890_11384446.jpg
盛り上がっている車内の様子をあじさいと見送りました。

[PR]
by cimedfax | 2018-06-24 11:46 | Comments(0)

あじさいを映す

a0335890_17211288.jpg
くろまつ車両に駅植えのあじさいを映してみました。なかなかイメージどおりにはいきません。丹後由良駅

[PR]
by cimedfax | 2018-06-23 17:30 | Comments(0)

夏の日差し

a0335890_14515401.jpg
6月も中旬を過ぎるともうすっかり夏の日差しですね。はしだて5号、公庄

[PR]
by cimedfax | 2018-06-22 15:43 | Comments(0)

丹鉄の待合所#02 丹後由良駅待合所

a0335890_10563967.jpg
丹後由良駅2番ホームの待合所は草の伸びた荒地の前に建っています。

a0335890_10563991.jpg
木造瓦葺のシンメトリックな造形の待合所です。

a0335890_10563911.jpg
昔は良い位置にあった待合所も現在の単行列車の停車位置からは離れてしまったようです。

a0335890_10563820.jpg
室内に入ると昭和の国鉄末期の待合所の雰囲気が残っていました。

a0335890_10563885.jpg
建具は何度か改修されたようでオリジナルな部分はほとんど残っていないようです。

a0335890_10564090.jpg
経年した木と鉄のごみ箱がこの待合所に溶け込んでいました。

a0335890_10564085.jpg
半分隠された柱の名標には昭和14年と記されていました。

a0335890_10563969.jpg
丹後由良駅の待合所は西舞鶴駅から14㎞2分の1の場所に建っています。

[PR]
by cimedfax | 2018-06-21 18:34 | Comments(0)