<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

毒紅花

a0335890_18130836.jpg
鳴り響く警報機の音、近づく列車の影、踏切に潜む狂気を感じた夕暮れ。丹後神崎

[PR]
by cimedfax | 2016-09-30 19:06 | Comments(0)

彼岸花も枯れてきて

a0335890_19325134.jpg
9月中は運休の予定だったあおまつ車両が昨日から運転されています。JR山陰線での大雨遅延の影響か5分程遅れてやってきたあおまつ号、沿線の彼岸花の開花には5日程遅れての復活でした。大江

[PR]
by cimedfax | 2016-09-29 19:40 | Comments(0)

運次第

a0335890_19182036.jpg
国道175線が宮福線と交差する場所。パステルカラーのミラココアがS字カーブをくねくね曲がって行くのを見て絵になると直感。ここで上りのあおまつ代走CT車両を撮ろうと決めました。交通量の比較的多い国道なのでどんなクルマが来るかは運次第。ドキドキしながら待った結果はご覧のとおりでした。9月18日撮影。公庄

[PR]
by cimedfax | 2016-09-28 12:42 | Comments(0)

a0335890_20425777.jpg
本日のあおまつ号代走車両はKTR704「攻殻機動隊」でした。あおまつ2号。大江

a0335890_20425864.jpg
あおまつ4号を撮影しようと大江駅に行ってみると駅員さんが「くろまつが来とるで」と教えてくれました。

a0335890_20425883.jpg
来月からの宮福線くろまつ号の試走をしているということで、アテンダントさんも下車して駅周辺を下見されていました。

a0335890_20425867.jpg
試走くろまつ号と攻殻機動隊あおまつ4号の並び

a0335890_20425860.jpg
快速福知山表示のKTR704。「攻殻機動隊」ラッピング列車が再び宮福線を走る日があるのだろうか。

[PR]
by cimedfax | 2016-09-27 21:03 | Comments(0)

a0335890_12571799.jpg
いつからか丹後由良駅前の空地に小屋を建ててもらってクロヤギが飼われています。駅に見に行くと小屋の中で休んでいましたが、くろまつ号がやって来るので「やぎさーん」と呼ぶと、出てきてくれて良い位置に腰をおろしてくれました。

a0335890_12572173.jpg
2分後にあかまつ1号がやってくるまで同じ場所でじっとしていてくれました。人懐こくて賢いクロヤギさんです。

[PR]
by cimedfax | 2016-09-26 14:32 | Comments(0)

彼岸花とくろまつ

彼岸花とくろまつ車両は赤と黒で絵になるんじゃないかと宮舞線のくろまつスイーツコースを追いかけて撮影してきました。
a0335890_15390476.jpg
正方形にトリミングしてごまかしたけれど列車が倒れそう、色々と余計な物が写っているし。栗田

a0335890_15390992.jpg
あかん。何も面白ない。丹後神崎

a0335890_15391414.jpg
背景の森にくろまつが埋もれてしまった。うーん、張り切って出かけたんですが、午後から用事もあるので、すっきりしないまま帰宅となりました。東雲


[PR]
by cimedfax | 2016-09-25 16:58 | Comments(0)

彼岸花に埋まる

a0335890_15540954.jpg
あちこちで一斉に咲き出す紅の花。青空をバックにすると映えるけれど重なり過ぎて列車も埋まってしまいました。あおまつ4号代走のKTR705「ジオパーク」。大江

[PR]
by cimedfax | 2016-09-24 15:59 | Comments(0)

海鉄コンテスト発表

a0335890_19111331.jpg
本日丹鉄さんのHPでコンテストの結果発表があり、私も応募していましたが落選でした。私の応募した写真とは全く趣きの異なる作品が最優秀に選ばれている所をみると、見当違いの写真で応募していたのかなあと思います。それにしても皆さん良い写真を撮られています。特に由良川鉄橋と虹の作品が気に入りました。こんな写真が撮れるよう明日からまたがんばろうと思います。丹後由良

[PR]
by cimedfax | 2016-09-23 19:31 | Comments(0)

誘導型油圧車止メ装置


a0335890_11062017.jpg
京都丹後鉄道福知山駅1番ホーム端の車止め装置です。

a0335890_18195464.jpg
ホーム端から車止め装置を見る。可動式の列車受け止め部(バンパー)と固定式のアンカーが緩衝装置を介して並んでいます。

a0335890_18195442.jpg
2番ホーム端にも同型の車止め装置が設置されています。

a0335890_18195472.jpg
銘版によると鉄道車両製造で有名な日本車両と自動車のショックアブソーバーで有名なKYB(旧カヤバ工業)のコラボ製品のようです。

a0335890_18195457.jpg
正式名称「誘導型油圧車止メ装置」。車止メ形式S-473型、標準抗力294kN、制動距離2.0m、緩衝容量588kNm。と記されています。この車止め装置に車両が衝突した時、吸収できるエネルギーが588kNmとすると、重さ約40tのあおまつ車両で時速5.4kmまでの運動エネルギーをこの装置で吸収できる計算になります。

a0335890_19511686.jpg
ついでに京都丹後鉄道の3つのターミナル駅の一つである西舞鶴駅の車止めはこのようにバラストが薄く盛り上げてあるだけです。

a0335890_19511292.jpg
もう一つのターミナル駅の豊岡駅です。こちらは枕木が数本載せてあります。車止め標識は自光式のようで3駅で最も立派です。3駅とも設置された年代や事情が異なることから個性があって興味深いところです。

[PR]
by cimedfax | 2016-09-22 11:17 | Comments(0)

あおまつ代走705

a0335890_15270065.jpg
今日は珍しくKTR705「ジオパーク」が宮福線にやってきました。大江山口内宮

[PR]
by cimedfax | 2016-09-21 18:17 | Comments(0)