a0335890_12295556.jpg
これまで観光鉄道には積極的でなかった小湊鐡道ですが、時流に乗ってか2015年から観光列車として里山トロッコ列車を運行しています。今回訪れた日が運行日だったので乗車してきました。この魅力的な無人駅にも乗りたくなるようなポスターが掲示してありました。海士有木駅

a0335890_12502455.jpg
トロッコ列車の運行区間は途中駅の上総牛久駅が始発となっています。運行区間ではないこの駅で駅舎を撮っていたら遠くからピョーと汽笛を鳴らしてトロッコ列車の送り込み回送列車がやって来ました。馬立駅

a0335890_12502922.jpg
始発駅の上総牛久駅で発車を待つ里山トロッコ1号。機関車に牽引される客車は4両で前後2両が窓付きで中間の2両が窓なしとなっています。トロッコ車両乗車券は500円で、窓あり車両か窓なし車両を選んで購入します。

a0335890_12504148.jpg
窓あり車両の内部の様子。天井はガラス張りで冷暖房付き。4人掛けボックス席が4列の小さくて可愛い車両です。

a0335890_12504186.jpg
機関車は小湊鐡道で実際に走っていた小型の蒸気機関車の外観を忠実に再現したもので動力は最新式のディーゼル機関が搭載されています。運転室を覗くとクラシックな外観とは裏腹に現代的な佇まいとなっておりアニメの銀河鉄道999の機関車を連想してしまいました。ちなみに機関車の煙突からはダミーの煙を発生させる演出機能もあるそうです。

a0335890_12504212.jpg
客車の後端にある立派なテールマークには季節の花を飾って走行するようで、今回訪れたときはアジサイが飾ってありました。里山トロッコ列車も嵐山や奥出雲のトロッコ列車と同様に復路は機関車が最後尾となって客車を押して走行します。

a0335890_12504170.jpg
発車時刻になり上総牛久駅を発車する時は駅員さん総出で見送ってくれました。

a0335890_12505489.jpg
時速30km/h以下で景色を堪能しながらゆっくりと走ります。車掌さんの詳しい案内放送があるので見どころを見逃すこともありません。

a0335890_12505552.jpg
トロッコ車両の窓なし客車から鶴舞の1本木を逆流し撮りしてみました。

a0335890_12505537.jpg
下車はできませんが上総久保駅で一旦停車があり大銀杏の説明がありました。

a0335890_12505666.jpg
行き違い列車のため約5分間停車する里見駅。ここでは手作り弁当などの販売があってとても賑わっていました。

a0335890_12505485.jpg
終点に近づくと雨脚が強くなり窓なし車両の中まで雨が降りこんできました。雨の中、今の時期の沿線の花アジサイを楽しむのも良い感じでした。

a0335890_12505444.jpg
約1時間の乗車で終点の養老渓谷駅に到着した里山トロッコ1号。13分後には折り返し里山トロッコ2号として発車します。
乗車してみて観光鉄道としてはまだ手馴れていない感じも見受けられる里山トロッコ列車でしたが、日本中で増えてきた同じような観光列車の模倣をしなくても車窓風景と鉄道施設自体に魅力がある小湊鐡道ですからこのまま素朴にやっていってもらうのが良いのではないかと思いました。


[PR]
# by cimedfax | 2017-06-22 19:45 | Comments(0)

a0335890_08191062.jpg
鉄道写真家の中井精也先生が写真を撮られた大きな木(通称:鶴舞の1本木)のある場所に行ってきました。中井先生と同じ位置から同じ構図で撮影したのですが出来上がった写真はなぜか違う。やはりプロのカメラマンは写真1枚に込める何かを持っておられるんでしょうね。小湊鐡道、上総鶴舞。

[PR]
# by cimedfax | 2017-06-21 12:13 | Comments(0)

大銀杏のある駅

a0335890_15000998.jpg
またまた千葉県にある小湊鐡道に行ってきました。訪れたのは小さな無人駅。大きな銀杏の木に駅がくっついたような上総久保駅です。

a0335890_15001453.jpg
そこにはレトロ感たっぷりな田舎のバス停のような駅舎が建っていました。

a0335890_15001803.jpg
10分ほど待つと下り列車がやって来ました。この駅の風景にはこの列車の色がとても合っています。これが丹鉄のあかまつやくろまつだったらすごい違和感がありそうです。

[PR]
# by cimedfax | 2017-06-20 18:55 | Comments(0)

あおまつ号の座席番号

a0335890_12332819.jpg
あおまつ車両の座席番号は全てB席となっております。BはBlueのBではありません。あかまつ車両が全てA席なので、あかまつ・あおまつ車両が連結運用された時にはじめて意味を持つB席なのです。

[PR]
# by cimedfax | 2017-06-19 14:43 | Comments(2)

緑の撮影ポイント

a0335890_08185089.jpg
これまでここから写真を撮った人は誰もいないんじゃないだろうか。そんな場所を探すのも鉄道写真の楽しみのひとつなのです。あおまつ4号、下天津

[PR]
# by cimedfax | 2017-06-17 08:33 | Comments(2)